MENU

辞めたい人は仕事ができない

労働の対価が低い、残業が多い、休みが少ない、上司がむかつく、というように仕事を辞めたいと考える人はいろいろな不満を持っているものではないでしょうか。なかには自分のレベルアップのために現在の仕事を辞める、というような前向きな姿勢で仕事を辞める人もいますが、多くは何かしら今の仕事に不満を抱えているからそのために転職したいという人になっています。確かにブラック企業というものがインターネット上で話題になっていますし、映画の題名として冠されたこともあるほどですので、企業や会社の方に責がある場合もありますが、基本的に不満を抱えてしまう人の多くは、仕事ができない人であるといってもよいでしょう。会社は優秀な人材が欲しいものですので、労働の対価が低いと感じているのならば十分に得られるような働きをするべきですし、残業が多くならないように勤務時間内に仕事を終えられるように作業効率を上げる努力をすべきかもしれません。仕事を辞めたい人がすべて仕事が出来ない人であるというのはいいすぎですが、不満を抱えるまえに自分の仕事への取組みが果たして優れているのか、利益をもたらすことができているのか、ということをまず考えてみることも必要ではないでしょうか。仕事を辞めるのは自由ですが、女性の場合は中絶手術などの急な出費がぶつかった場合、収入が途絶えていると非常に面倒なことになります。中絶費用は妊娠周期や方法、医療機関によって異なりますが、結構な費用になりますのでそれなりの覚悟と貯金が出来た時に会社を辞めるのが良いでしょう。

できる人も仕事を辞める

バブル期以降は多少変化がありますが、日本ではまだまだ会社では年功序列的な風潮があります。そのためどんなに仕事ができるという人でも、年齢により正当な評価が受けられないこともあるのではないでしょうか。例えば仕事を辞めたいと考える人はどのような人なのかというと、一般的イメージでは給料が安い、休みが少ない、残業が多いというような仕事に多くの不満を感じている人だったり、仕事がうまくこなせない人が叱責を受けたり軽んじられたりすることに耐えられず辞める、というものかもしれません。いわゆる仕事が出来ないタイプの人が仕事を辞めたいと考え実際に辞める選択をするということが多い印象がありますが、実は仕事ができるタイプの人が会社を辞めるという選択をすることもあるのだといいます。特にIT企業は実力があればその分稼げる仕事につけることが多いので仕事ができるタイプの人は、自分のスキルアップのためにどんどん仕事を辞めて、高待遇の職場を探すという人もいるようです。また日本では転職はマイナスに捉えられがちですが、先進国では自分の実力を買ってくれる会社にどんどん転職を繰り返すことは珍しいことではありません。このように仕事ができる人が仕事を辞めることも多いのだそうです。